CataC

都内で建築関係の仕事してる20代OLの日常
TOP ≫ ARCHIVE ≫ 2012年06月
ARCHIVE ≫ 2012年06月
      

≪ 前月 |  2012年06月  | 翌月 ≫

喧嘩の後日談

 
後日談

一応喧嘩した当日、お互い言い過ぎたと謝って就寝しましたが

この喧嘩の翌朝、ひろきから謝りのメールが来ました。

ついムキになって言いすぎました、反省してるといった感じの。

まさかこの歳でここまでムキになってしまったことを悔やんでるようでした。

まぁ私は寝て起きてとってもすっきりしてたので、何も考えてなかったんだけど!!!

本人はなんか一日引きずってたみたいでwww

更に申し訳なくなった私wwww



でもおもうんだ。

たまにはムキになってもいいんじゃないのって。

そら温厚で喧嘩は後味悪くて嫌いだからしないに越したことはないけど

でもたまにはこうやって発散するのも大事なのかなって。



社会に出るとたぶん本気で怒ったりってことは減ってくるんだと思う。

それでストレス抱える人もいると思う、私だったらホルモンバランスとか体の関係で苛々してる事もあるとおもう。

それは我慢するよりも何らかの形で発散すべきだと思う。

それが人によってはカラオケだったり、趣味のスポーツだったりといろいろあるだろうけど

そのなかの一つに喧嘩があってもいいんだとおもう。

ただ、喧嘩の場合、終わった後に冷静になって

しっかり謝ること、反省することは欠かしたらいけないんだと思う。

唯一素直に怒れる相手で合ってほしいし、そういう相手でありたい。

まぁ、それもまた程度にもよるんだけどね。

私もひろきもそこまで頭に血が上りやすい人ではないからこう思えるだけなのかもしれないけど。



【喧嘩するほど仲がいい】この慣用句の意味なんとなく分かった気がします。

というのも、もともと夫婦の仲を表す慣用句で、あまり考えたことがなかったんですが

これって、お互いがお互いの意見をしっかり言い合える仲ってことですよね。

ただの友達とめったに喧嘩なんてしませんし、ましてや、バイト先の同僚や上司と喧嘩する事なんてほとんどありません。

だからこそ、今回のようなちょっとしたお互いの思いの違いからでしたが

しっかり話し合えたことはいいことだったんじゃないかなと思います。



それと同時に【親しき仲にも礼儀あり】これもまた大事になことなんだろうと思う。

この意味は確か…

親密すぎて節度を超えればかえって不和のもととなるから、親しい間柄でも礼儀だけは守るようにせよ。

まぁ礼儀に当てはまるかわからないけど、相手の気持ちも考え、悪いと思ったらしっかり謝ってケアしていかないと

元々血のつながりがない1人1人の人間だっていう事を忘れちゃいけないなと思った。





まだまだ考えが浅いかもしれない

勘違いをしてるのかもしれないけれど

昨日ものすごい久しぶりに喧嘩して、その事で考えた事だから、成長の一歩として。
スポンサーサイト



06
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30